【フランス パリ海外旅行、フランス観光、パリ観光など海外旅行の体験など旅行の思い出掲載

食欲沸きすぎかもしれません。

食べ過ぎに注意って言ってもやっぱり秋だと知らずしらずにうちに食べ過ぎてしまいますね。

この辺で止めて置かないと大変な事になるって分かっていてもやっぱり食べ過ぎてしまう。

これは、なんとかしないと体にも良くないし、着れる服がなくなってしまうのが一番よくないかな?

耳鳴りの治療方法ってどうかな?

耳鳴りの治療方法ってどうかな?
耳鳴りで悩んでいたが、耳鳴りの治療方法もなくほったらかしにしていた。
とりあえず耳鳴りがするの病院へ行って治療方法を教えてもらおうとしたが、
ビタミン剤をくれただけでさほどの耳鳴り治療方法ないようだった。

そこで、漢方薬専門店へ行くのだが、これが意外と高い薬代なのにはビックリ!
そして耳鳴りの治療方法が、土瓶を使ったあの漢方薬独特の煮だして飲むあれだった。

大変は、大変だったが、半年ばかり続けたと思う。

漢方薬での耳鳴り治療方法の効果は、あまり判らなかったが、
自然と止めてしまったのが、今考えると残念かもしれない。

耳鳴りの原因や多くの耳鳴りで苦しんでいる方が多いと分かったのも
この時、調べた耳鳴りの患者さんが多かった事だった。

そんなに多い耳鳴りだが、耳鳴りで生活ができない程でもないのが、
決定的な治療方法がない原因かもしれないと思うようになった。

耳鳴り - Wikipedia抜粋
耳鳴り(みみなり)とは、実際には音がしていないのにも拘らず、何かが聞こえるように感じる現象。耳鳴(じめい)ともいう。
一般に耳鳴は、難聴とともに出現することが多いとされている。このありふれた病態は、軽い不快感から、不眠、ときにうつ状態など、大小のストレスを引き起こしうる。耳鳴りは本人にしか聞こえない自覚的耳鳴と、外部から聴取可能な他覚的耳鳴に分類される。急に生じた耳鳴が急性感音難聴の唯一の自覚症状であることもあり、早めに一度は耳鼻咽喉科受診をするべきであると考えられる。また、頻度は少ないものの、脈拍と同調する耳鳴の一部に、腫瘍や血管病変に起因するものがあり、注意が必要である。

耳鳴りの治療方法ってどうかな?

耳鳴りの治療方法ってどうかな?
耳鳴りで悩んでいたが、耳鳴りの治療方法もなくほったらかしにしていた。
とりあえず耳鳴りがするの病院へ行って治療方法を教えてもらおうとしたが、
ビタミン剤をくれただけでさほどの耳鳴り治療方法ないようだった。

そこで、漢方薬専門店へ行くのだが、これが意外と高い薬代なのにはビックリ!
そして耳鳴りの治療方法が、土瓶を使ったあの漢方薬独特の煮だして飲むあれだった。

大変は、大変だったが、半年ばかり続けたと思う。

漢方薬での耳鳴り治療方法の効果は、あまり判らなかったが、
自然と止めてしまったのが、今考えると残念かもしれない。

耳鳴りの原因や多くの耳鳴りで苦しんでいる方が多いと分かったのも
この時、調べた耳鳴りの患者さんが多かった事だった。

そんなに多い耳鳴りだが、耳鳴りで生活ができない程でもないのが、
決定的な治療方法がない原因かもしれないと思うようになった。

耳鳴り - Wikipedia抜粋
耳鳴り(みみなり)とは、実際には音がしていないのにも拘らず、何かが聞こえるように感じる現象。耳鳴(じめい)ともいう。
一般に耳鳴は、難聴とともに出現することが多いとされている。このありふれた病態は、軽い不快感から、不眠、ときにうつ状態など、大小のストレスを引き起こしうる。耳鳴りは本人にしか聞こえない自覚的耳鳴と、外部から聴取可能な他覚的耳鳴に分類される。急に生じた耳鳴が急性感音難聴の唯一の自覚症状であることもあり、早めに一度は耳鼻咽喉科受診をするべきであると考えられる。また、頻度は少ないものの、脈拍と同調する耳鳴の一部に、腫瘍や血管病変に起因するものがあり、注意が必要である。


参考資料:[[渡辺茂実,http://2qb8.info/]]|[[糖尿病予防,http://6st0.info/]]|[[腰痛解消,http://r8bs.info/]]|[[血圧改善法,http://i3tz.info/]]|[[育毛,http://n06g.info/]]

秋ですね

食欲の秋
やっぱ、食欲のでる秋に運動の秋
でも、ダエイットには最適な季節でしょう。
なのでダイエットについて考えてみました。

涼しくなりましたね。

あの暑かった夏から、いっきに涼しくなりました。
その御蔭か、食欲が旺盛でして(´・ω・`)
で、体重が、、、、、、、、あああっ

ナシ・ゴレンレシピ

インドネシア料理といえば、「ナシ・ゴレン」を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。「ナシ」はご飯という食材を、「ゴレン」は揚げるという調理法を示すインドネシア語です。食材と調理法をつなげると、その料理名になることが多く、理解しやすいかもしれません。

バリを訪れた方のなかには、「ナシ・ゴレン」を食べた方も多いことでしょう。要するにチャーハンです。現地では「サンバル」といって、ピリカラの唐辛子主体の調味料をたっぷりと利かせますが、日本で調理するときにはお好みで調節し、食べやすくアレンジして是非、挑戦してみてはどうでしょう。簡単なレシピをご紹介します。

◆材料(2人分)
・ムキエビ・・・8尾
・玉ネギ・・・1/2個
・鶏肉・・・50g
・ニンニク・・・1片
・長ネギ・・・50g
・卵・・・2個
・ご飯(冷ごはん)・・・400g
*調味料
・サンバル・・・小さじ1(作り方は下記参照)
・サラダオイル・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ1
・こしょう・・・少々
・料理酒・・・大さじ1
・うまみ調味料・・・少々
*トッピング
・卵(目だま焼き)・・・一人1個
・トマトスライス・・・一人1枚

◆作り方
1.エビは背わたをとって塩と酒を振っておく。
2.熱したフライパンに油を敷いて、細かく刻んだ玉ネギ、ニンニクを入れて香りがでるまえ炒める。
3.鶏肉、エビを2に加えて炒める。火が通ったところで溶き卵を加える。
4.ご飯を加えてぱらぱらになるようによく炒める。調味料を入れて味を調える。ご飯は冷ご飯のほうがおいしい。
5.サンバルはあればですが、是非、加えてください! ぐんとバリ風の風味が増します。
6.最後にトッピングの目玉焼きとトマトのスライスを載せてできあがり!
*サンバルは、唐辛子ペースト(大さじ4)、シュリンプペースト(小さじ1と1/2)、ライムの汁(1個分)を混ぜるだけです。少々のお湯を加えながらシュリンプペーストを伸ばしていくと馴染みやすいです。

フランスの情報

ダ・ヴィンチ・コードに登場する柱に似てるんですか。
何とか様式で時代が一緒なんでしょうか。

すみません。
フランスってパリの首都!?のごんたです。
なんとかTBしてみました。
情報はメールして置きます。

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

 こんにちは
 この前、夏時間が終わったと思ったら、
 もう冬がすぐそこまで来ている、といった感じです。
 街を行く人も、コートを着てる人が多いですね。
 デパートのショーウィンドーは、
 すでにクリスマス商戦に突入していたりして。

 今回は、巴里レターNo.83からの抜粋になります。
 
 □ ∞ □ ∞ □ ∞ □ ∞ □ ∞ □ ∞ □ ∞ □

巴里らしい話を書きます。

 モンマルトルの丘には、小さな葡萄畑があって、
 そこで穫れる葡萄からワインが作られていてる、
 というコトを知っている人は多いと思います。(・・・知ってました?)

 でも、オペラ座の屋根には、蜜蜂の巣箱が置いてあって、
 蜂蜜がとれる、というコトを知っている人は多くないと思います。
 また知っていても、実際に見た人はあまりいないと思います。
 ということで、ワタクシ、買いに行ってきました。
 そのハニーを。(仏語だとmielといいます。)

 まず向かったのは、マドレーヌ広場の某高級食品店。
 (Fauchonですが。)
 蜂蜜売り場に行ってみたら、やたらと種類が多い。
 『・・・・・』とか思いながら、オペラ座産のハニーを探したのですが、
 よくワカラナイ。
 近くのカウンターに、なぜか日本人の店員さんがいたので、
 訊いてみたら、今ちょうど切らしているとのコト。
 たまに、僕みたいな人が買いに来るそうです。

 そのオネエさんが、ピッ、ピッ、ピッ、と調べてくれて、曰く、
 「注文は出しているんですが、作っているところにも、
  在庫が無いみたいですねぇ。」だって。
 『誰だ、買い占めた奴は。』

 「こっちに住んでますから、また来てみます。」と言って、
 某高級食品店を出たのだけれど、
 『ひょっとしたら、オペラ座で売っているかもしれない。』と気がついて、
 (・・・ウソです。インターネットで調べておいたのでした。)
 そっちに廻ってみました。

 もう夕方だったので、オペラ座の入口で、
 黒人の警備員に止められたんだけど、
 「お店に行くんですよ。」って言ったら、
 「ショップか。」と、ナゼカ英語混じりの返事で、通してくれました。

 ショップに行くと、綺麗なネエちゃんがヒマそうにしてたので、
 「コレコレこーゆーモノは、ありませんか?」と言うと、
 「・・・確かあったわね。」という感じで捜してくれたのですが、
 ここでも品切れでした。
 『やっぱり、誰か買い占めたんじゃないだろうか。』
 『まあ、生産量が少ないから、しょうがないか。』
 と、しばらく諦めていたのでした。

 しかし、読者は誰も知らないと思うけれど、(フフフ)
 じつは、バスチーユのオペラ座の屋根にも巣箱があって、
 そこでもハニーがとれるのです!(・・・オドロイタ?)
 ということで、『バスチーユ産でもイイか。』と思って、行ってみました。

 売店には、フランス人みたいなオバさんがいたので、
 「じつは、コレコレこーゆーモノを・・・」と、
 周りの人には聞こえないように、ボソボソっと言うと、
 「フ〜ン。」という感じで、棚の中とか捜してくれたんだけど、
 「あと15分したら、また来てください。」だって。
 「はぁ?」とか言うと、
 「15分後に、他の店員が来るから、その人が知っているでしょう。」
 とのコト。

 フランス人のオバさんには、逆らってもしょうがない、
 というコトを、あまりにも知り過ぎていたので、
 近くのマクドに行って、オヤツにしました。

 30分ほど経って、フランス人的誤差を計算に入れても、
 『もういいだろう。』と思ったので、戻ってみると、
 カウンターのなかに、もう一人オバさんが増えていました。
 さっきのオバさんに、「例のモノを・・・」と目くばせすると、
 ちょっと考えてから、「アア。」という感じで、思い出してくれました。

 そして・・・・・ありました! 最後の1つだったみたいです。
 「ココで、とれたモノなんでしょう。」と、念のために訊いてみると、
 「これは、オペラ・ガルニエです。」(古い方のオペラ座です。)
 「はぁ。・・・でも、ココでも、とれるんでしょう?」
 「ええ、でも今は品切れです。」
 『まあ、ガルニエの方がいいけど。』

 蜂蜜の入った容器にしては、かなり小さな瓶ですね。
 ラベルも、もっと華麗なモノかと思っていたのですが、
 期待に反して、なかなか素朴なものです。
 しかし、そのかわりと言ってはなんですが、値段が高い!
 11ユーロ50セント!

 スーパーでは、この3倍くらい入ったものが、
 5ユーロくらいで売っています。
 まあ、需要と供給の関係なんでしょうが。
 中身のハニーは、ちゃんとしたハニー色です。
 真ん中へんで、分離してます。

 買うときに、『1999って書いてあるなぁ。』って、
 なんとなく思ったんだけど、お金を払ってからよく考えたら、
 『コレって、ひょっとして、もう賞味期限過ぎているんじゃないの!』
 『蜂蜜は長持ちするっていっても、もう5年だもんね。
  ゼッタイそうだ。・・・この前、スーパーで買ったコーヒーミルクも、
  賞味期限が半年も過ぎてたし(!) ・・・ナンテコッタ。』

 『まあ、いいか。飾って置きましょう。』
 僕って、蜂蜜あんまり食べない人だし。
 チョコレートと一緒で、嫌いじゃないんだけど、
 食べた後、歯がムズムズして、虫歯になりそうな気がするんだよね。

 ということで、ウチの床の間に(・・・ウソです)、
 飾って置くことにしました。
 「20世紀末に、巴里のオペラ座でとれた!」というコトで、
 そのうち希少価値が出るかもしれないし。 

画像をクリックしてみて下さい。

041106a.jpg

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

 こんにちは
 日本は、台風やら地震やらで、タイヘンみたいですね。
 フランスは、去年みたいな猛暑じゃなかったので、
 皆無事に夏を乗り切ったようです。

 先日、家具の大型店に行ってみたら、
 写真のような箱を売っていました。
 日本でも使っているパン屋さんがあるみたいですが、
 バゲットを入れておく箱ですね。
 値段は、約40ユーロ。

 家庭用ですね。
 こちらのパン屋さんは、扱うバゲットの量が違いますから、
 こんな箱では間にあわないでしょう。

 僕は、巴里に住んでる他の日本人と同じように、
 ごはんも食べる人ですから、
 バゲットは1本買うと、2日くらい大丈夫なので、
 こういう箱は要りません。

 籐製の買い物キャリーのようなモノに、
 バゲットをたくさん入れて運んでいる人を見たことがありますが、
 きっとレストランの人でしょうね。

 巴里に来たころは、バゲットが苦手で、
 普通の食パンを食べていたのですが、
 いつの間にか、そういうパンは食べなくなりました。
 いまでは、パン・ド・カンパーニュバゲットです。

 日本にいた頃は、毎日日本茶を飲んでいたのに、
 いつの間にか、毎日カフェ・オ・レですからね。
 郷に従うというよりも、
 いつのまにか染まったみたいです。

                 Michio
画像をクリックしてみて下さい。

040910a.jpg

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

 こんにちは
 まずは写真を御覧になってください。
 こちらでは、スーパーで沢山売っているので、
 『日本にも、あるんじゃないかな。』って思っていたのですが、
 どうもそうでもないみたいですね。

 トースト型のものは「ビスコット」と言うようです。
 ビスケットじゃないですよ。
 ちなみにビスケットのことは、仏語でビスキュイと言います。
 写真のビスコットはレーズン入りですが
 ブリオッシュタイプなどもあります。

 写真のもう一つのタイプは、
 「グリルしたプチパン」と言うみたいです。
 これは、常に半分に割った感じで売られています。

 こういうパンは、北欧が本場みたいです。
 どちらもカラカラに乾いていて、賞味期限は一年(!)くらいです。

 ご飯を炊くのが面倒なときはパンで、
 パンを買いに行くのも面倒なときは、
 これで済ませてしまえるという、なかなか便利なモノです。
 でも夕食にコレでは、ちょっと侘しいかな、と思いますが。

 ウチの近所のスーパーで数えてみたら、
 パンの棚の近くに20種類くらい並んでいました。 
 メーカーの数が20という意味ではありませんが。

 これだけで食べると、やっぱり味けないので、
 バターや柔らかいチーズを塗ったり、いろいろ載せたりしますが、
 個人的には、レーズン入りのビスコットを、
 フルーツ入りのヨーグルトに浸けて食べたりします。
 これは普通のパンでもやりますが。
 見た感じ、ちょっと御行儀がワルイかな、という感じですが、
 クセになるとやめられません。

               Michio

画像をクリックしてみて下さい。美味しさが大きくなります。

040728a.jpg

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。