【フランス パリ海外旅行、フランス観光、パリ観光など海外旅行の体験など旅行の思い出掲載

フランスはパリのパン屋さん厨房

フランスはパリのパン屋さん厨房

パリのパン屋さんの厨房へお邪魔してビックリしたのは、自分の家でパンを作るのとはまったく違った設備だったのには驚いた。
当たり前とは言えフランスでパリの本場にフランスパンを作っている厨房を見学してのビックリだった。

少しお手伝いさせて頂いたのだが、パン厨房とても暑く長い間はいられなかた。
目まいがしてきて立っていられないほどに疲労困憊してしまった。

パン屋さんの職人さんは、毎日この暑さの中で作業をしているのかと思うと尊敬してしまう。
また、パン職人さんは、朝が早く夜中の2時とか3時とかから作業をするそうだ。

フランスはパリのパン屋さんは、フランスの伝統として朝はパン食で自分の家ではパンを作らないでき近所のパン屋さんで買って食べるとこと。
そうのような訳でパリのお客さんは、朝早くにパン屋さんへパンを買いにくるので、仕込みを早くして店頭に並べなければならないんだと改めて感じた。

以前お邪魔したビゴさんの弟さんのお店の厨房にお邪魔した時には、厨房が地下に有り、階段で降りていった記憶がある。
その後、数年して訪れたら、もうお店は閉店していた。
一寸寂しい気分になった。
日本でのビゴさんは、パン業界では知らない人がいないと言われている有名な人で、その弟さんのお店で、日本でもパン関連の雑誌では、度々紹介されていたかと思う。

P1010033.jpg

フランスはパリのの首都!?-△TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。