【フランス パリ海外旅行、フランス観光、パリ観光など海外旅行の体験など旅行の思い出掲載

パンやお菓子をつくる皆さんへ

パンやお菓子をつくる皆さん、食べる皆さん。はじめまして。巴里レターを書いている者です。

巴里レターには、パンとかお菓子の話は、あまり出てこないと思うので、たまには、こんなふうに手紙を書いてみようかなって思っています。

そういえば、と、わざとらしく思い出してしまうのですが、いつかバスに乗っていたときに見かけたのですが、街のパン屋さんのショーウィンドウに、エッフェル塔の形をしたパンが飾ってありました。
立体のエッフェル塔ではなくて、ふっくらと平べったいエッフェル塔でした。
高さが40cmくらいあったかなあ。あれってほんとに食べられるのかな、なんて思いました。

そういう形のパンて、めったにないので、あのお店のオリジナルだと思います。こんど見かけたら、チェックしておきますね。持って歩くには、ちょっと恥かしいので、チェックするだけですが。
でも、ラテン的、フランス的、イイカゲン的、ナマケモノ的生活に、とっぷりと浸かっているので、いつになるかわかりませんが。 

   ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
   
このへんで、やめておこうと思ったのですが、もっと書いちゃおうかな。僕って、なんてお人好しなんだ。
ただ単にヒマなだけかもしれないけど。

新聞に大きく載っていた記事ですが、ダロワイヨがパリに初めてお店を出してから、今年でちょうど200年だそうです。
  
【 ダロワイヨ : お菓子の上に200本のローソク 】っていう大きな見出しがいいですね。
1802年ていうのは、ヴィクトル・ユゴーが生まれた年でもあります、って書いてある。そういえば、国立図書館でなんかやってるってポスター貼ってあったなあ。

ダロワイヨ200年を記念して、パスカル・ニオっていう一番偉いパチシエが、10種類のオリジナルのお菓子を作ったそうです。
名前がすごい。
 
 ・ エジプトの記録  [ お菓子の上に象形文字のデザイン ]
 ・ ナポレオン V  [ 形は房の付いたクッション、材料はアーモンドのパテ ]
 ・ おバカな時代   [ バヴァロワショコラ、クレームブリュレ、バニラ風味の
                  チョコレート、上に白いチョコで真珠のネックレス ]

ダロワイヨは、売り上げが3700万ユーロ、パリには7店、外国には10店 ( クウェート、韓国、そして、とくに日本 )、とくに日本て書いてある。
パスカル・ニオさんは、30年前から、ダロワイヨでパチシエやってるそうで、むかしと変わったことは? という質問に対して、「 一番大きな変化は、使う砂糖の量が減ったということです。
私が働き始めたころは、シャンティーには、1リットルにつき300gか、350gの砂糖が使われていました。それがいまでは、80gあるいは60gです。」

( 皆さん、わかりますか? 僕はよくわからないけど、まあいいや。)
「 それから、季節感というものが、だんだんなくなってきてますね。
私は素材の風味を大事にしているのですが、たとえば、クリスマスには、イチゴもフランボワーズもないんだと言っても、なかなか納得してもらえないようになりました。」

「 ダロワイヨが、日本に店を出して、学んだことがあります。
それは、見ための美しさや、エレガントなプレゼンテーションは、味覚の喜びを予告するものだ、ということです。」
これは、フランスの新聞に載っていた記事ですからね。
日本は、偉いなあ。って、ちょっと思っちゃいました。

なんか、やたら辞書を引いてしまいました。

                      Michio          

追伸

お菓子の名前で、おバカな時代って訳したけれど、原文は、LES ANNEES FOLLES です。
FOLLES ( FOU ) っていうのは、ばかげたとか、愚かなとか、そんな意味です。       
                          
パチシエは、日本ではパティシエって書くみたいですが、フランス語の発音では、パチシエのほうが近いですね。
クレームブリュレ、って知ってる人は、知ってると思いますが、ちょっとプリンに似てるんだけど、普通は日本にはないみたい。
フランボワーズ、って日本語になってるかなあ。辞書を引くと木苺ってでてます。 
                      では、また

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。