【フランス パリ海外旅行、フランス観光、パリ観光など海外旅行の体験など旅行の思い出掲載

フランス パリからパンとお菓子関係の皆さん

フランス パリからパンとお菓子関係の皆さん
 こんにちは
 ウチの近所に、自然食品の店が一軒あるのですが、
  『値段は高いけれど、やっぱり美味しいなあ。』と感心しています。
 こちらでは、BIO(ビオ)っていうのですが、有機栽培ということでしょう。
 
 野菜とかジュースとか。
 とくに葡萄ジュースが味が濃くて、とても美味しいですね。

 パンのコーナーもあります。いろいろな種類があるのですが、
 どれも普通のパン屋さんの倍くらいの値段です。
 大統領官邸御用達のパンは、ひょっとしたらBIOかもしれないですね。

 BIOのパンは、たまにしか買わないのですが、
 このまえ、ブリオッシュを買ってきました。
 合成保存料を使っていないので、賞味期限がとても短いですね。 
 スーパーで売ってるブリオッシュは、
 賞味期限が2週間くらいありますから、エライ違いです。

 でも、スーパーのブリオッシュを食べたあとは、
 『なんか合成保存料を、たくさん摂取したなあ。』って気がしますね。
 胸ヤケじゃないんだけれど、ちょっと違和感が残ります。

 でも、BIOのブリオッシュはサスガですね。
 口当たりのよさ、そのままに消化されるような気がします。
 普通、ブリオッシュは値段がバゲットの倍します。
 だからBIOのブリオッシュは、普通のバゲットの4倍も高いのです。
 いつもというわけにはいかないのが、ツライですね。

 最近、気がついたのですが、BIOのスパゲッティ、
 これも美味しいんですね。
 日本のお米と一緒で、スパゲッティも銘柄によって、
 ぜんぜん味が違います。
 僕は、いつもイタリアのP社のものと決めていたのですが、
 これからはBIOです。
 値段もパンみたいに倍もしなくて、
 P社のものより、20%くらい高いだけです。
 
 じつは巴里のイタリアレストランて、ピザもスパゲッティも、
 たいして美味しくないのです。
 『スパゲッティなんか、自分で作ったほうがウマイんじゃないかな。』
 とか、思ったりします。
 イタリアに行くと、ピザもスパゲッティも安くて美味しいんですけどね。

 そうそう、よく流行っているサンドイッチのチェーン店が
 いくつかありますが、「ブリオッシュ・ドール」というのも、
 そのうちのひとつです。直訳すると「黄金のブリオッシュ」でしょうか。

 フランスのサンドイッチは、普通、小型のバゲットを使ったり、
 バゲットを適当な長さに切って使いますが、
 「ブリオッシュ・ドール」では、細長いブリオッシュを二つに割って、
 その間に具を入れます。
 焼きたてでなくても、やわらかくて、
 パン自体にバターがきいていますから、美味しいですね。
 保存料は使っていないと思います。

 ニュースでやってましたが、フランスでは、ハンバーガーよりも
 サンドイッチの消費量が、どんどん伸びているそうです。

       Michio
お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。