【フランス パリ海外旅行、フランス観光、パリ観光など海外旅行の体験など旅行の思い出掲載

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

 こんにちは
 まずは写真を御覧になってください。
 こちらでは、スーパーで沢山売っているので、
 『日本にも、あるんじゃないかな。』って思っていたのですが、
 どうもそうでもないみたいですね。

 トースト型のものは「ビスコット」と言うようです。
 ビスケットじゃないですよ。
 ちなみにビスケットのことは、仏語でビスキュイと言います。
 写真のビスコットはレーズン入りですが
 ブリオッシュタイプなどもあります。

 写真のもう一つのタイプは、
 「グリルしたプチパン」と言うみたいです。
 これは、常に半分に割った感じで売られています。

 こういうパンは、北欧が本場みたいです。
 どちらもカラカラに乾いていて、賞味期限は一年(!)くらいです。

 ご飯を炊くのが面倒なときはパンで、
 パンを買いに行くのも面倒なときは、
 これで済ませてしまえるという、なかなか便利なモノです。
 でも夕食にコレでは、ちょっと侘しいかな、と思いますが。

 ウチの近所のスーパーで数えてみたら、
 パンの棚の近くに20種類くらい並んでいました。 
 メーカーの数が20という意味ではありませんが。

 これだけで食べると、やっぱり味けないので、
 バターや柔らかいチーズを塗ったり、いろいろ載せたりしますが、
 個人的には、レーズン入りのビスコットを、
 フルーツ入りのヨーグルトに浸けて食べたりします。
 これは普通のパンでもやりますが。
 見た感じ、ちょっと御行儀がワルイかな、という感じですが、
 クセになるとやめられません。

               Michio

画像をクリックしてみて下さい。美味しさが大きくなります。

040728a.jpg

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。