【フランス パリ海外旅行、フランス観光、パリ観光など海外旅行の体験など旅行の思い出掲載

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

フランスパリからパンとお菓子関係の皆さん

 こんにちは

 巴里の大きなスーパーには、
 よくパン屋さんがテナントで入っています。
 普通、レジと出入り口の間にコーナーがあって、
 そこでパンやパティスリーを売っています。
 
 値段はマアマアですが、味は大したコトないですね。
 薄利多売でしょうか。
 でも、買い物のついでに買えるのが、便利ですね。

 ウチの近所のスーパーにも、パン屋さんが入っているのですが
 これが意外と美味しいのです。
 値段は、普通のパン屋さんと変らないけれど、
 味は、かえってイイかもしれない。
 「この場で焼いています。」という貼り紙がしてありました。

 「ウチの近所のスーパーで売ってるパンは、美味しいよ。」
 って言っても、誰も信じてくれない。
 「スーパーのパンなんて。」とか言われたりして。

 もちろん普通の棚には、工場製の大量生産されたパンが
 並んでいるのですが、パン屋さんのコーナーで、
 僕がとくに気に入って買ってくるのが、
 四角い形の「PAVE NATURE」とか、
 同じ形だけれど、シリアル、ナッツ、アーモンドを、
 細かく砕いて混ぜてあるもの。
 写真を付けておきます。白い紙はコピー用紙なので、
 大きさが分かると思います。
 
 巴里レターの配信は続いているのですが、
 しばらく前から非公開にして、
 メルマガサイトに読者登録している人にだけ読んでもらっています。
 筆者としては、その方が気が楽ですね。
 読む人に、あまり気がねせずに書けるし。
 当分は、こんなかたちで、書きたいことを書いていこうと思っています。
                 Michio

画像をクリックしてみて下さい。美味しさが大きくなります

mo051a.jpg

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

久々のパリからのお手紙

こんにちは、おひさしぶりの巴里レター筆者です

   ∽   ∽   ∽   ∽   ∽

 マドレーヌ広場に、フォーションとエディアールのお店があります。
 どちらも、よく似た高級食材のお店です。
 フォーションのアップルティーは、有名ですね。
 紅茶の種類は、とても多くて、他にマンゴ味とか、ピーチ味なんていうのも
 あります。(昔は、グレープ・フルーツ味とか、キウイ味もあったのに、
 なくなっちゃったみたいです。売れなかったのかな。)
 サクラティーというのもあります。
 なんか日本人ウケを狙ったんじゃないかなって思われますが。

 やはり昔の話ですが、ひと頃、フォーションのショーウィンドーに、
 アラン・ドロン マークのシャンパンが何本も飾られていました。
 「へえー。」って、思っただけで、飲んだことはないのですが。
 (今はもう、どこを探しても無いんじゃないかな。)
 でも、いまの若い人って、アラン・ドロン知らない人が結構いるんですね。
 ビックリしちゃうけど。
 同じ頃だったかな、アラン・ドロン マークのオードトワレも何処かで
 売り出していたけど、なんとなく安っぽい感じの香りでした。

 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 

 フォーションの店員の人に、
 「フォーションは、インターネット上にサイトを持ってますか?」って、
 訊いてみたのですが、まだ無いみたいです。
 「でも、お店は日本にいくつもありますよ。」って言ってました。

 ルイ・ヴィトンもエルメスもサイト持ってるんだから、フォーションだって、
 あってもいいと思うのですが、(ちょっとジャンルは違うけど)
 でも、きっとそのうち作るでしょう。

 エディアールにも行ってみました。
 こちらは、サイトを持っているみたいです。
 www.hediard.fr

 「へえー、エライなあ。」って思って、小さな紅茶の缶をひとつ買いました。
 25g入りのとてもカワイイ缶です。(日本にも、あるかなあ。)
 これって、おみやげに買って帰って、配るにはいいですね。

 僕は、紅茶というと、やっぱりダージリンが好きなんだけど、
 せっかくこんなに種類があるんだから、ちょっと珍しいのを買ってみようか
 と思って、ローズティーというのにしました。
 お値段は、25g入りの缶で3€20(約400円)でした。

 フォーションにも、やっぱり25g入りの缶があって、そのひとつは、
 いま僕の本棚で小銭入れの役目を果たしています。

 ローズティーの缶を開けたら、フッと香水のような香りがしました。
 そういえば、香水って、薔薇の花びらをたくさん集めて作るんですね。
 味は、コクがあって美味しいけれど、薔薇の味とは、
 ちょっと違うんじゃないのって感じです。薔薇って食べたことないけれど。

 このまえ、Av.George X (アヴェニュー ジョルジュ サンク って
 読みます。ジョージ五世大通りって意味です。)を歩いていたら、
 すごい立派なエディアールのお店がありました。この通りは、
 シャンゼリゼにつながっている高級な大通りです。
 「へえー、こんなところにもあるんだ。」って思っちゃいました。
 ホテル George X のすぐ横です。ちなみにホテル George Xって
 パリでも五本の指に入るようなホテルです。そのときは、ホテルの前に
 スイスナンバーのランボルギーニが停まっていました。

    ∽   ∽   ∽   ∽   ∽

 今回は、紅茶の話になっていますが、パリには、もうひとつ、
 紅茶で有名なお店がありますね。マリアージュです。
 マリアージュといえば、やっぱりブランデーの味がするマルコポーロ
 でしょうか。日本では、とても高いみたいですが、パリの本店では、
 量り売りをしていて、袋に入れてくれるので、それほどでもありません。
 あの缶が高いみたいです。

    ▽     ▽     ▽

 ということで、マリアージュの本店に寄ってきました。
 市庁舎から、それほど遠くない古い街並のなかにあります。
 小さな店内には、お客さんがけっこう入っていました。
 日本人もやっぱり来てますね。

 マルコポーロ、量り売りで100g、5ユーロ(約625円)でした。
 ちなみに、丸い缶に入ったマルコポーロは、100gで約1160円です。
 紅茶の100gって、けっこう量がありますね。
 横で、アメリカ人みたいな女性が、やっぱり「マルコポーロください。」
 って言ってましたから、きっと世界的に有名なのでしょう。

 奥のほうに、ちょっとしたカフェみたいな、お茶とかケーキする
 スペースがあります。紅茶は、さすがにいろんな種類があるけれど、
 だいたい750円〜1200円くらいです。ちょっと高そうなティーポットに
 入ってでてきます。
 日本人の女の子が二人、お茶するには、どうしたらいいのかなって、
 悩んでました。

 あっ、それから食パンを売ってました。普通のパン屋さんでは、
 見たことのないような、なかがキメの細かいグレーの食パンでした。
 10枚入りで、マリアージュのマーク入りのビニール袋に入っていて、
 値段は550円くらいです。

 マリアージュも、サイトを持っていて、アドレスは、
 www.mariagefreres.com です。まだ、作ってる途中みたいですが。

 正式な名称は、マリアージュ・フレールって言うんでしょうね。
 では、今回はこの辺で。 
 
                          Michio 

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

パンとお菓子関係のみなさん、こんにちは

パンとお菓子関係のみなさん、こんにちは、お元気でしょうか。
みなさんへの手紙は、月に1回くらいかな、って思っていたのですが、
今回はBearsさんのために、ちょっと早めに出すことにしました。
ほかの方も、パリのことやフランスのことで、なにか知りたいことがあったら、
遠慮なくメールを送ってください。もちろん、励ましのメールも大歓迎です。

         ∽   ∽   ∽   ∽   ∽

フランスに住んでいる日本人向けに、「オヴニー」という無料のミニコミ誌が、月に2回発行されています。僕がフランスに来た頃は、インターネットも、 衛星版の朝日新聞もなかったので、「オヴニー」は貴重な情報源でした。
日本の情報、フランスの情報、アパート情報、求人情報、のみの市、料理のレシピなど、いろいろ載っています。

いまもそうですが、日本から来た人が、まず苦労するのが部屋さがしです。
なかなか見つからないと、何ヶ月も安ホテルで暮らさなければなりません。
いまは、日本人がやっている不動産屋もあるみたいですが、昔は、部屋をさがしてる人は、「オヴニー」が発行された日の午前中に、アパート情報をみて、すぐに電話しないとだめだと言われていました。

この「オヴニー」、日本でも手に入るみたいです。たとえば、横浜だったら、横浜日仏学院、 モッズ・ヘア横浜店、 有隣堂ランドマーク店、などに置いているみたいです。また、インターネットでも読むことができます。
 
去年の秋の「オヴニー」ですが、フランスのパン屋さんと結婚した日本人女性の記事が出ていました。バックナンバーで読めますから、興味のある方はアクセスしてみてください。
 
 www.ilyfunet.com バックナンバーをクリック、
            まち・ひと欄のchez toi パリのアパート訪問をクリック、
            487.日仏新婚カップルのパリ郊外暮らしをクリック。 

 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

部屋をさがすときのことを書いてみましょう。

日本から、業者に頼む場合は、予算はもちろんですが、地域を指定したほうが良いでしょう。たとえば、5区、6区、7区、14区、15区、16区、は治安が良い1区、2区、3区、4区、8区、9区、12区、13区、17区、は場所によって、良かったり、悪かったり。たとえば8区は,Place Clichyの付近は良くない。
17区は、Villiersから南はOK、10区、11区、18区、19区、20区、は治安が良くない。
郊外でも、パリの西に隣接する次の地域は治安が良い。メトロも行っている。
 Boulogne(ブローニュ)、Neuilly(ヌイイ)、Levallois(ルヴァロワ)

それから、建物の0階と1階(日本でいう2階)は、ドロボーが入りやすいので避けたほうがよいでしょう。5階とか6階でエレベーターなし、というところもあるけれど、若くて、短期間なら我慢できるかも。建物の入口に鍵があるかどうかというのも、大事です。普通はコード式の鍵があります。

 貸し物件の広告の見方

 Chambre (貸し部屋)、 2部屋以上あるアパートの1部屋を貸してくれる
         という意味です。キッチン、トイレ、シャワー (または風呂)は
         共同。フランス人の大家と一緒に住むか、日本人の学生と
         アパートをシェアする、という場合が多い。長期だと気疲れする。

 Studio (ステュディオ)、 ワンルームです。小さなキッチンやトイレ、浴室
         が付いていることもあるし、トイレまたはシャワーは共同で、
         各階にひとつ、ということもある。ひとり暮らしには、これが
         いいかも。

 Appartement (アパルトマン、アパート)、2部屋以上、キッチン、トイレ、
         シャワーまたは風呂、が付いている。マンションという言葉は
         ないので、どんなに高くてもアパルトマンという。

パリは、家具付きの物件がけっこうあるので、短期の人はそういうのを借りると便利です。

 他にチェックすべきところ
 
・ 敷金  普通は部屋代2ヶ月分、出るときにいくら返してくれるのか。

・ 業者の手数料  パリは普通、部屋代1ヶ月分。でも日本から頼んだ場合は
  わからない。
            
・ 管理費が部屋代に含まれているかどうか。普通は含まれていて、電気代は
  別料金。

・ 暖房   電気、ガス、中央暖房、 電気だとキッチンのお湯も電気で沸かし
  てるところが多いので、電気代が高い。ガスは都市ガスだけど、来てる
  ところもあるし、来ていないところもある。ガス漏れがちょっと心配。
  中央暖房がいちばん楽。

・ メトロの駅からの距離、   RER(郊外電車)は、夜になるとあぶない。

・ エレベーターがあるか、ないか。

・ 管理人がいるかどうか。 建物を管理する人です。治安の良い地域で
  建物の入口に鍵があれば、とくにいなくてもいいかもしれない。

・ 引っ越すときは、3ヶ月まえに大家に伝えるというのが、普通です。
  そうしないと、敷金を返してくれないかもしれない。

 あとは、南向きとか西向きとか、中庭に向いてるとか、大通りに向いてるとか

 良い部屋をみつけるというのは、なかなか難しいと思います。いくら出しても
 いいと言うのなら、べつですが。普通は、なにを我慢するか、ですね。でも、
 パリは年々治安が悪くなっていますから、安全ということが一番大事です。
  
 「オヴニー」のほかに、パリの日本人会にもアパート情報があって、これも
 インターネットで見れるみたいです。
 http://home.worldnet.fr/amicjapn

 そういう情報をみていると、部屋代の相場もわかってくると思います。
 ( Bearsさんは、あと何か解らないことなどありましたら、個人的にメール
   をください。) 
 では、今回はこのへんで、         
                      Michio 

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

         

パンやお菓子をつくる皆さんへ

パンやお菓子をつくる皆さん、食べる皆さん。はじめまして。巴里レターを書いている者です。

巴里レターには、パンとかお菓子の話は、あまり出てこないと思うので、たまには、こんなふうに手紙を書いてみようかなって思っています。

そういえば、と、わざとらしく思い出してしまうのですが、いつかバスに乗っていたときに見かけたのですが、街のパン屋さんのショーウィンドウに、エッフェル塔の形をしたパンが飾ってありました。
立体のエッフェル塔ではなくて、ふっくらと平べったいエッフェル塔でした。
高さが40cmくらいあったかなあ。あれってほんとに食べられるのかな、なんて思いました。

そういう形のパンて、めったにないので、あのお店のオリジナルだと思います。こんど見かけたら、チェックしておきますね。持って歩くには、ちょっと恥かしいので、チェックするだけですが。
でも、ラテン的、フランス的、イイカゲン的、ナマケモノ的生活に、とっぷりと浸かっているので、いつになるかわかりませんが。 

   ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
   
このへんで、やめておこうと思ったのですが、もっと書いちゃおうかな。僕って、なんてお人好しなんだ。
ただ単にヒマなだけかもしれないけど。

新聞に大きく載っていた記事ですが、ダロワイヨがパリに初めてお店を出してから、今年でちょうど200年だそうです。
  
【 ダロワイヨ : お菓子の上に200本のローソク 】っていう大きな見出しがいいですね。
1802年ていうのは、ヴィクトル・ユゴーが生まれた年でもあります、って書いてある。そういえば、国立図書館でなんかやってるってポスター貼ってあったなあ。

ダロワイヨ200年を記念して、パスカル・ニオっていう一番偉いパチシエが、10種類のオリジナルのお菓子を作ったそうです。
名前がすごい。
 
 ・ エジプトの記録  [ お菓子の上に象形文字のデザイン ]
 ・ ナポレオン V  [ 形は房の付いたクッション、材料はアーモンドのパテ ]
 ・ おバカな時代   [ バヴァロワショコラ、クレームブリュレ、バニラ風味の
                  チョコレート、上に白いチョコで真珠のネックレス ]

ダロワイヨは、売り上げが3700万ユーロ、パリには7店、外国には10店 ( クウェート、韓国、そして、とくに日本 )、とくに日本て書いてある。
パスカル・ニオさんは、30年前から、ダロワイヨでパチシエやってるそうで、むかしと変わったことは? という質問に対して、「 一番大きな変化は、使う砂糖の量が減ったということです。
私が働き始めたころは、シャンティーには、1リットルにつき300gか、350gの砂糖が使われていました。それがいまでは、80gあるいは60gです。」

( 皆さん、わかりますか? 僕はよくわからないけど、まあいいや。)
「 それから、季節感というものが、だんだんなくなってきてますね。
私は素材の風味を大事にしているのですが、たとえば、クリスマスには、イチゴもフランボワーズもないんだと言っても、なかなか納得してもらえないようになりました。」

「 ダロワイヨが、日本に店を出して、学んだことがあります。
それは、見ための美しさや、エレガントなプレゼンテーションは、味覚の喜びを予告するものだ、ということです。」
これは、フランスの新聞に載っていた記事ですからね。
日本は、偉いなあ。って、ちょっと思っちゃいました。

なんか、やたら辞書を引いてしまいました。

                      Michio          

追伸

お菓子の名前で、おバカな時代って訳したけれど、原文は、LES ANNEES FOLLES です。
FOLLES ( FOU ) っていうのは、ばかげたとか、愚かなとか、そんな意味です。       
                          
パチシエは、日本ではパティシエって書くみたいですが、フランス語の発音では、パチシエのほうが近いですね。
クレームブリュレ、って知ってる人は、知ってると思いますが、ちょっとプリンに似てるんだけど、普通は日本にはないみたい。
フランボワーズ、って日本語になってるかなあ。辞書を引くと木苺ってでてます。 
                      では、また

お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

パンとお菓子関係のみなさん

パンとお菓子関係のみなさん

 こんにちは、
 パリのマロニエは、もう紅葉を始めています。

 巴里レターにも書きましたが、今年の夏は、フランスの南西部と
 スペインのバスク地方を廻ってきました。
 この旅のことは、いつか巴里レターに書こうと思っていますが、
 パンとお菓子に関係した思い出を、ここに書いておこうと思います。

 まず、スペインの高速道路のサービスエリア。
 お菓子コーナーで、ミニクロワッサンが売られていました。
 一口か二口で食べられる小さなもので、
 ひとつの袋に、10個くらい入っていました。
 保存料をかなり使っているなって感じの、
 パンというよりは、やわらかいお菓子といったようなものでした。
 変わっていたのは、なかにチョコレートが入っていたこと。
 フランスだったら、クロワッサンの形をしていたら、
 普通、なかには何も入っていないんですよ。
 チョコレートが入っているのは、
 パン・オ・ショコラと相場が決まっています。

 だから、これってチョット変、ルール違反じゃないの、とか、
 でもスペインだから、しれもアリか、などと思いながら食べたのですが、
 なかのチョコレートが練り状のドロっとしたもので、
 甘すぎて、味はイマイチでした。

    ∽     ∽     ∽続きを読む≫≫ more!

パンとお菓子関係のみなさん

部屋をさがすときのことを書いてみましょう。

 日本から、業者に頼む場合は、予算はもちろんですが、地域を指定したほう 
 が良いでしょう。たとえば、
 5区、6区、7区、14区、15区、16区、は治安が良い
 1区、2区、3区、4区、8区、9区、12区、13区、17区、は場所によって、
 良かったり、悪かったり。たとえば8区は,Place Clichyの付近は良くない。
 17区は、Villiersから南はOK.
 10区、11区、18区、19区、20区、は治安が良くない。
 郊外でも、パリの西に隣接する次の地域は治安が良い。メトロも行っている。
 Boulogne(ブローニュ)、Neuilly(ヌイイ)、Levallois(ルヴァロワ)

 それから、建物の0階と1階(日本でいう2階)は、ドロボーが入りやすいので
 避けたほうがよいでしょう。5階とか6階でエレベーターなし、というところも
 あるけれど、若くて、短期間なら我慢できるかも。建物の入口に鍵があるか
 どうかというのも、大事です。普通はコード式の鍵があります。

 貸し物件の広告の見方続きを読む≫≫-more!

パンとお菓子関係のみなさん

パンとお菓子関係のみなさん、こんにちは、お元気でしょうか。
 みなさんへの手紙は、月に1回くらいかな、って思っていたのですが、
 今回はBearsさんのために、ちょっと早めに出すことにしました。
 ほかの方も、パリのことやフランスのことで、なにか知りたいことがあったら、
 遠慮なくメールを送ってください。もちろん、励ましのメールも大歓迎です。

         ∽   ∽   ∽   ∽   ∽

 フランスに住んでいる日本人向けに、「オヴニー」という無料のミニコミ誌が、 
 月に2回発行されています。僕がフランスに来た頃は、インターネットも、
 衛星版の朝日新聞もなかったので、「オヴニー」は貴重な情報源でした。

 日本の情報、フランスの情報、アパート情報、求人情報、のみの市、料理の 
 レシピなど、いろいろ載っています。

 いまもそうですが、日本から来た人が、まず苦労するのが部屋さがしです。
 なかなか見つからないと、何ヶ月も安ホテルで暮らさなければなりません。
 いまは、日本人がやっている不動産屋もあるみたいですが、昔は、部屋を
 さがしてる人は、「オヴニー」が発行された日の午前中に、アパート情報を
 みて、すぐに電話しないとだめだと言われていました。

 この「オヴニー」、日本でも手に入るみたいです。たとえば、横浜だったら、
 横浜日仏学院、 モッズ・ヘア横浜店、 有隣堂ランドマーク店、などに
 置いているみたいです。また、インターネットでも読むことができます。
 
 去年の秋の「オヴニー」ですが、フランスのパン屋さんと結婚した日本人女性  
 の記事が出ていました。バックナンバーで読めますから、興味のある方は
 アクセスしてみてください。
 
 www.ilyfunet.com バックナンバーをクリック、
            まち・ひと欄のchez toi パリのアパート訪問をクリック、
            487.日仏新婚カップルのパリ郊外暮らしをクリック。 
お教室習い事情報サイト【パリからの手紙】から引用
■【パリからの手紙】執筆者のブログフランス井戸端会議執筆者を参照下さい。

フランスはパリの首都!?-△TOP

パリからのお手紙

パンやお菓子をつくる皆さん、食べる皆さん。
   はじめまして。巴里レターを書いている者です。

   No.4は、いかがだったでしょうか。手話の話は、ボラさんの話に
   通じるものがあると思いませんか。きよこさんとごんたさんの
   ホームページのことを知るまえから、No.4にはこの話を書こうと
   思っていたのです。だから偶然なんですが、こういう偶然て、いい
   ですよね。 僕は、本当に感動したんですけど、うまく伝えることが
   できたでしょうか。でも、感動を言葉とか、文字で伝えるって難しい
   ですよね。なーんて言い分けしてますが。

   巴里レターには、パンとかお菓子の話は、あまり出てこないと思う
   ので、たまには、こんなふうに手紙を書いてみようかなって思って
   います。続きを読む ≫≫-more!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。