【フランス パリ海外旅行、フランス観光、パリ観光など海外旅行の体験など旅行の思い出掲載

フランスのパリでフランスパンを求めて

フランスのパリでフランスパンを求めて

フランスのパン屋さんの工房で体験
大きな捏ね機で一気に捏ねるのでとても羨ましかった。
手捏ねで一日中、パン作りした時の記憶が蘇ってきた。
腕も腰も肩もパンパンになりご飯も食べたくなくなった悲惨な思い出が有った。
その時の手捏ねの記憶からしたら、圧倒的な量のパン粉をいとも簡単に攪拌してどんぴしゃの捏ね具合にしてしまう捏ね機が、どんなに凄いモノなのか思い知らされた気がする。

手捏ねが滑らかで適度な捏ね具合に仕上がるそのパン生地を見せてくれたパン職人さんの誇らしげな顔が思い出された。
「この位が適度だと!」って教えてくれたので写真に治めたが、自分の家で手捏ねで作る生地の柔らかさには挑戦できないと感じた。
第一、写真のような柔らさでは、収拾が付かなくなってしまいそうだった。
あまりにも柔らかく手に付くので手捏ねでは、まとまりが付かないと思うのだった。

フランスパンを作るときの水分量は極端に少ないが、捏ねるとかなりべた付くのでほとほと扱い難い。
フランスパンは、リーンなパンで、その材料は質素だ。
その質素な材料を使って作ったパンが、一番美味しく飽きないで食べられる日本のご飯に匹敵する食べ物だと思う。

リーンなパン
 パン作りに必要な基本の材料(粉、塩、イースト、水など)を主原料にして焼き上げたパンのことです。小麦粉本来のこんがり焼けた香りと発酵

過程で醸し出す独特の風味を引き出せます。
お教室用語集より引用フランスパン作りは、沢山挑戦しているのだが、一度としても成功したことがない。
以前、有る日本のパン屋さんでパン作りの体験をさせていただいた時に、あまりにも出来が悪く嘆いていた時のことだが、店長曰く「小学生でフランスパンが上手に出来きたら我々の立つ瀬が無いよ!」って言われたことが有ったを思い出した。
確かに数回のフランスパンの挑戦でフランスパンが完成されてしまったら、長年の修行で培ってきたパン作りの技術が、実は何だったんだろうと思ってしまうのもうなずける。
それだけに【リーンなパン】 であるフランスパンの難しさが分かったような気がした。

いとも簡単に目の前で入れるクープとか、フランスパン生地で作る稲穂であるエピの作り方など、職人さんから教わったことが沢山有った。
本などに書かれている事からでは、知ることのできない多くの体験をさせてもらフランパンの体験旅行だったと思っている。

P1010042.jpg
今回だけでなく、以前のフランスパンやパリのパン屋さんで体験なども沢山有るのでそちらの方も掲載して行きたいです。

フランスはパリの首都!?-△TOP

フランスのパンを求めて

フランスのパンを求めて

フランスのパン屋さんにお邪魔しての懐かしい写真があったのでアップしてみた。
フランスパンではないが、フランスから持ち帰ったカマンベールとパンをサックリ切って日曜日の朝に食べた記念の写真だ。

パンを、、、、カマンベールをワザワザ、フランスからでもないと思うのだが、美味しかったパンやチーズを荷物に詰めらるまで詰めこんで帰国するのが習慣になっている。
この時も行きよりも帰りの方が数倍の量だったかと思う。
まるでドラエモンのお腹ではないかと思うほど沢山のパンやチーズをトランクに詰めんで来たので大量なフランスからの戦利品が部屋中に散らかってしまい、寝る場所を確保するのに苦労する羽目になった。

以前、やはり同じように大量のフランスパンやチーズなどをかき集めてきたことがあった。
このときは、詰め込み方が悪く型崩れが激しくて家族には不詳を買ってしまったことがあった。
これに懲りてからは、型崩れしない方法とか、限界を超えない範囲でパン、チーズ、イチジクなどを買って帰る。
そうそう、イチジクも美味しいしとにかく安い。
あるホテルでイチジクが毎朝でるので大量に食べたことがあり、すっかりフランスのイチジクファンになってしまった。

毎日、イチジクを5個位は食べていたと思う。
日本なら、この個数で300円程度になるのだろうか。
そんなにフランスでは、イチジクが安いのである。
確かにフランスは、農業国だと聞いている。
でもチーズなど日本では目が飛び出るくらいに高いのにフランスで、数百円で買えてしまう。
イチジクしかり、とにかく農業国だけあって安いので有る。
パン粉も欲しいのだが、こればかりは買って帰る訳にもいかず断念している。

そうか、フランスでは、先進国でも農業作物を輸出する国だったんだって本当に実感している。
パリを電車で少し移動すると直ぐに田園風景が飛び込んでくるので直ぐに納得できるので教科書で習うよりよっぽど理解が早い。
電車の光景が、日本では家が連なっていて切れることがないので車窓を眺めていても旅行をした実感が沸かないが、フランスだと直ぐに田舎の光景に変わるので見とれてしまう。
でも、その光景が数時間も続くのにはチョット辟易したことを覚えている。
人間って我がままですよね。

P1130021.jpg

そんな訳で、思い出のパンとカマンベールの美味しい朝食でした。

フランスはパリの首都!?-△TOP

フランスのパリのパン工房

フランスのパリのパン工房
フランスのパリで知り合いのパン屋さんのパン工房を見せてもらった。そこでは、沢山の見慣れたパンがづらりと積み上げられていた。
パン屋さんの店頭に並ぶ前の沢山のパンに圧倒された。

驚いたのは、パンの数だが、パン独特の香りが工房いっぱいに広がり、幸せな気分になった。
大好きな、フランスパンやクロワッサンも沢山積んであり、まだ焼きたてだたので香ばしい匂いで目まいがしそうだった。

毎日、フランスパンやクロワッサンの香ばしさで包まれた部屋で生活できるってとても幸せなような気がして羨ましくも有った。

工房(厨房)は、熱く長い時間滞在していると息が苦しくなってしまったのが心配でもあった。
慣れれば、平気なんだろうが意外とパンの職人さんは、重労働だと感じた。
重いパンの粉が入った袋を大きな捏ね機に入れなければならないので力のない私に絶えられるだろうかと心配にもなった。

以前、フランスはパリのビゴさんのお店に行って厨房を見学させて頂いた時にビゴさんが、コルセットをしていたのを覚えている。
これは、重いパンの粉袋などの持ち運びで痛めていたと聞いた。
そんなに大変な重労働な職人さんの仕事なんだと感じていた。

これから、もしこのようなパン職人として働くには、体を鍛えたからでないと職人としては使い物にならないような不安な気がする。
密閉された一寸薄暗い厨房で、朝早くからパンを作る仕事が、とても大変な気がしてくる。
でもその中でおいしいパンを焼いて待ち焦がれているお客さんにお届けする仕事も良いのではって思う。

P1010039.jpg

フランスはパリの首都!?-△TOP


フランはパリのパン工房にお邪魔

フランはパリのパン工房にお邪魔
フランスのパリのとあるパン工房にお邪魔してパンの作り方を見せてもらいました。
厨房はとても広く、日本で見せてもらった厨房とは、大きな差がありました。
学校を開けるくらいの広いパン厨房(工房)でとても羨ましく思いました。

そこで見たのは、とても大きなパンの捏ね機でした。
このパンの捏ね機は、家庭の比べ物にならないほど大きく20Kgのパンの粉が入ってしまいます。
考えてみれば当たり前なんでしょうが、プロの道具の大きさにはビックリしてしまいました。
私の家庭の捏ね機は、小さくて可愛いのですが、それでも餅つき機の代用ではなく、一応、パン捏ね機専用なんです。
それで大きい方なんです。

もしこのような大きくて沢山のパンの粉を手捏ねで行ったら大変なことになるのだろうと思うとぞっとします。
私など200g程度のパンの粉を捏ねるだけでも筋肉痛になってしまうほどですから、これを毎日行うのでは大変ですね。
やっぱり、機械で捏ねないと数は作れませんね。
後で知ったことなんですが、手捏ねよりも機械で捏ねた方が綺麗にに上がることです。
綺麗に滑らかに均一に上がるのでパンを焼いた仕上がりはとても綺麗です。
機械に頼るのではなく、機械を使い綺麗で美味しいパンを沢山作れるパンを作る機械は、無くてはならないのだと知りました。

パン捏ね機などを使って大量に作れれば、当然安く販売でいるので、消費者にととっても良い事だと改めて感じました。
ただ、このようなパン捏ね機などの機械はとても高いのではないかと思います。
最初の投資。
初期投資がかかると思うのでパン屋さんを始めるには、とてもお金がかかりそうですね。
パン屋さんを始めたい方などは、なかなか手に入らないと思います。
このような方達を支援するようなパン業界が有ったらとても助かるのにと思った次第です。

それから、日本での有名なパン業界の方から伺った話ですが、日本のパン業界事情も大変らしいです。
美味しいパンを作るには、良いパン粉が必要との事で、殆どが輸入のパン粉を使っているそうです。
日本でもパンに適したパン粉もあるのですが、とても高いのだそうです。
パンを作る際に使う材料が全て高いのでパンそのものを安くお客さんに提供するのが難しいとのことでした。

P1010035.jpg

また、この辺の事情は、機会があればお伝いして行きたいと思います。

弁当レシピ簡単副惣菜-△TOP


フランスのパリのパン工房

フランスのパリのパン工房フランスのパリで知り合いのパン屋さんのパン工房を見せてもらった。
そこでは、沢山の見慣れたパンがづらりと積み上げられていた。
パン屋さんの店頭に並ぶ前の沢山のパンに圧倒された。

驚いたのは、パンの数だが、パン独特の香りが工房いっぱいに広がり、幸せな気分になった。
大好きな、フランスパンやクロワッサンも沢山積んであり、まだ焼きたてだたので香ばしい匂いで目まいがしそうだった。

毎日、フランスパンやクロワッサンの香ばしさで包まれた部屋で生活できるってとても幸せなような気がして羨ましくも有った。

工房(厨房)は、熱く長い時間滞在していると息が苦しくなってしまったのが心配でもあった。
慣れれば、平気なんだろうが意外とパンの職人さんは、重労働だと感じた。
重いパンの粉が入った袋を大きな捏ね機に入れなければならないので力のない私に絶えられるだろうかと心配にもなった。

以前、フランスはパリのビゴさんのお店に行って厨房を見学させて頂いた時にビゴさんが、コルセットをしていたのを覚えている。
これは、重いパンの粉袋などの持ち運びで痛めていたと聞いた。
そんなに大変な重労働な職人さんの仕事なんだと感じていた。

これから、もしこのようなパン職人として働くには、体を鍛えたからでないと職人としては使い物にならないような不安な気がする。
密閉された一寸薄暗い厨房で、朝早くからパンを作る仕事が、とても大変な気がしてくる。
でもその中でおいしいパンを焼いて待ち焦がれているお客さんにお届けする仕事も良いのではって思う。

P1010028.jpg

フランスはパリの首都!?-△TOP


フランスはパリのパン屋さん厨房

フランスはパリのパン屋さん厨房

パリのパン屋さんの厨房へお邪魔してビックリしたのは、自分の家でパンを作るのとはまったく違った設備だったのには驚いた。
当たり前とは言えフランスでパリの本場にフランスパンを作っている厨房を見学してのビックリだった。

少しお手伝いさせて頂いたのだが、パン厨房とても暑く長い間はいられなかた。
目まいがしてきて立っていられないほどに疲労困憊してしまった。

パン屋さんの職人さんは、毎日この暑さの中で作業をしているのかと思うと尊敬してしまう。
また、パン職人さんは、朝が早く夜中の2時とか3時とかから作業をするそうだ。

フランスはパリのパン屋さんは、フランスの伝統として朝はパン食で自分の家ではパンを作らないでき近所のパン屋さんで買って食べるとこと。
そうのような訳でパリのお客さんは、朝早くにパン屋さんへパンを買いにくるので、仕込みを早くして店頭に並べなければならないんだと改めて感じた。

以前お邪魔したビゴさんの弟さんのお店の厨房にお邪魔した時には、厨房が地下に有り、階段で降りていった記憶がある。
その後、数年して訪れたら、もうお店は閉店していた。
一寸寂しい気分になった。
日本でのビゴさんは、パン業界では知らない人がいないと言われている有名な人で、その弟さんのお店で、日本でもパン関連の雑誌では、度々紹介されていたかと思う。

P1010033.jpg

フランスはパリのの首都!?-△TOP


フランでフランス パンの修行!?

フランス パン好きが高じてフランスまでフランスパンの修行!?

パン修行でも無いのですが知り合いがパン屋さんと言うことでフランスでパン工房を見学しました。
見学だけで終わらず作り方も教わりました。
できはそこそこでしたが、まさか店頭に並べると思わなかったのでビックリ!!
自分の作ったフランスのパンを店頭で販売もさせてもらいました。

ただ立っていただけですけどね。
パン厨房の中はとても熱くてシンドかったですね。
パン職人は肉体労働だと思っていたが、とても大変な職業だと思いました。
朝もパン職人は早く起きてパンの仕込みをするそうです。

フランスのパリでは朝食がパンだそうです。
当たり前かもしれませんが、日本での食事がご飯中心で無くなった現在では、とても考えられませんでした。
日本でもパンの朝食になっているので、だんだんと日本も外国の食事に近くなってきたと思います。
P1010033.jpg

フランスはパリの首都!?-△TOP



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。